トップメッセージ

代表取締役社長 中西 充

代表取締役社長 中西 充

 当社は、1949年の会社設立より、公営競技のための施設を主催者である地方公共団体に賃貸するというきわめて公共性の高い事業を中心に、関連グループ会社の(株)東京プロパティサービス・(株)東京サマーランド・東京倉庫(株)及び2015年に当社グループに加わった(株)タックの4社とともに、安定した経営に努めてまいりました。

 

 2020年は、新型コロナウイルスによる感染症が世界中に拡大する、かつてない困難に襲われた一年となりました。この間お亡くなりになった方に深く哀悼の意を表しますとともに、療養中の方にお見舞い申しあげます。当社の事業においても、競馬やオートレースの無観客での開催や東京サマーランドの休園延長など、大きな影響を受けました。しかし、外出の自粛が強く要請される中、地方競馬の在宅投票システム(SPAT4)を多くのお客様にご利用いただきました。また、東京サマーランドにおいても、感染対策を徹底した上で7月に開園し、無事に営業を終えることができました。あらためてお客様に厚く御礼申し上げます。

 当社はこの度、「第3次中期経営計画~Galloping into the future~」を発表いたしました。Gallopとは、「馬が全速力で走る」という意味です。コロナ禍の不透明な環境の中でも、勢いよく発展・成長していこうという当社の思いを標題といたしました。SPAT4の機能強化や東京サマーランドのリニューアル、倉庫として活用する新規物件の取得など、5年間で500億円の投資を計画しております。
また、大井競馬場の新しい楽しみ方として定着しつつあるイルミネーションイベント「TOKYO MEGA ILLUMINATION」については、今後も魅力を向上させて実施するとともに、これまで以上に、E(環境)S(社会)G(ガバナンス)を意識した施策を推進することで、SDGsに寄与し、中長期的な企業価値の向上に取り組んでまいります。

 ステークホルダーの皆様におかれましては、引き続き変わらぬご支援とご協力を賜りますよう、お願い申しあげます。

2021年2月