沿革

1949年(昭和24年)

12月 東京都競馬株式会社設立

1950年(昭和25年)

5月 大井競馬場開場、第1回大井競馬開催1950年5月

1951年(昭和26年)

11月 全額出資の子会社、大井興業株式会社を設立
場内サービスを主体とする事業を委託

1954年(昭和29年)

11月 大井オートレース場開場、第1回大井オートレース開催

1955年(昭和30年)

9月 東京証券取引所市場第一部に上場

1965年(昭和40年)

3月 千葉県印西市に、競走馬の育成と休養を目的に、小林牧場を建設

1970年(昭和45年)

9月 全額出資の子会社、株式会社東京サマーランドを設立1970年9月

1971年(昭和46年)

1月 株式会社東京サーキットを吸収合併
株式会社東京サマーランドに遊園地事業の営業を委託

1973年(昭和48年)

3月 大井オートレース廃止

1974年(昭和49年)

3月 伊勢崎オートレース場施設の運営・管理を目的とし、全額出資の子会社、関東興産株式会社を設立

1976年(昭和51年)

8月 伊勢崎オートレース場開場
10月 第1回伊勢崎オートレース開催

1984年(昭和59年)

10月 大井興業株式会社全額出資の子会社、東京倉庫株式会社を設立
倉庫部門を分離・独立
当社所有の物流倉庫を賃貸し、運営・管理を委託

1986年(昭和61年)

7月 日本初のナイター競馬開催1986年7月

1989年(平成元年)

6月 日本初のナイターオートレース開催1989年6月

2003年(平成15年)

4月 南関東4競馬場共同トータリゼータシステムの整備
SPAT4システム(在宅投票システム)の導入
新潟県内に大井競馬の場外発売所施設として南関東4競馬場の投票券発売を行う、
新潟場外発売所・三条場外発売所・中郷場外発売所の新設
7月 関東興産株式会社を吸収合併

2004年(平成16年)

8月 茨城県ひたちなか市新光町に大井競馬場外発売所「オフトひたちなか」オープン
10月 新潟場外発売所を建替え「オフト新潟」としてオープン
12月 大井競馬場に新スタンド「L-WING(エルウイング)」オープン2004年12月

2005年(平成17年)

10月 宮城県黒川郡大郷町に大井競馬場外発売所「オフト大郷」オープン

2010年(平成22年)

12月 東京都品川区に大井競馬場前ショッピングモール「ウィラ大井」オープン

2012年(平成24年)

3月 大井興業株式会社を株式会社東京プロパティサービスへ商号変更
5月 東京都大田区に賃貸オフィスビルを取得(新名称「ウィラ大森ビル」)
本社を東京都中央区より東京都大田区へ移転

2013年(平成25年)

2月 当社初の中期経営計画「事業基盤強化への新たな挑戦」を発表
4月 伊勢崎オートレース場内に大井競馬専用場外発売所「オフト伊勢崎」オープン
7月 東京都品川区に倉庫事業用資産を取得

2014年(平成26年)

3月 「オフト伊勢崎」において「J-PLACE伊勢崎」を開設し、中央競馬の勝馬投票券発売を開始

2015年(平成27年)

7月 事業基盤の強化・新規事業への展開を目的として、M&Aにより株式会社タックを吸収合併
11月 大井競馬場に新スタンド「G-FRONT(ジーフロント)」オープン2015年11月

2016年(平成28年)

11月 大井競馬場にイベントスペース「UMILE SQUARE(ウマイルスクエア)」オープン

2017年(平成29年)

2月

第2次中期経営計画「Road to 『NEXT STAGE』」を発表

3月 組織再編を実施
東京倉庫株式会社を東京都競馬株式会社の直接子会社化